サビウツボ

サビウツボ

昨日は忙しくて更新できませんでした。今日ご紹介する魚は、これも定置網の方から頂いた魚です。ウナギ目・ウツボ科・ウツボ属のサビウツボという魚。

サビウツボの特徴は紫色の頭部と、白い眼。眼が黒いと悪そうな雰囲気が漂ってくるのだが、白っぽいと可愛く見えるから不思議なもの。可愛い外見だが、ほかのウツボと同じく鋭い歯をもっているので、咬まれないように注意したい。

生息地は暖かい海のサンゴ礁。それもごく浅いタイドプールのような場所でも見ることができる。琉球列島や伊豆・小笠原諸島で採集できるが、三重県以南の太平洋岸でも採集されることがある。

ウツボの仲間は四国南部でも色々見ることができる。ウツボは重要な食用種。クモウツボ、ミナミウツボ、アミメウツボ、トラウツボ、ワカウツボは採集したことがある。しかしコケウツボやシマアラシウツボなどにはいまだにお目にかかれていない。

全長40cm、大きくても60cmくらいで、あまり大きくならない。食用にもされていないようだが、かわいい顔なので観賞魚として飼育されることもある。

●ウツボ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます