ソコヌメリ

ソコヌメリ

久しぶりに沖合底曳網の魚の紹介でも。スズキ目・ネズッポ科・トンガリヌメリ属のソコヌメリ。一見浅い砂底の海にすむ普通種「ネズミゴチ」によく似ている種であるが顔つきがだいぶ異なり、体も太目のようだ。

トンガリヌメリ属の魚はネズミゴチを含むネズッポ属の魚に似ているが、尾鰭の軟条のうち、中央部にある二つの軟条が不分岐であるという特徴をもっている。

このソコヌメリは雌である。雄は臀鰭の下半分が黄色で、雌は外縁が明瞭に黒っぽくなる。第1背鰭の第3膜には大きな黒い斑紋がある。この斑紋は円形に近いこと、第1背鰭の第1棘は第2棘とほぼ同じ長さであることから、斑紋がやや細長く、第1背鰭の第1棘が長いクジャクソコヌメリと見分けることができる。

トンガリヌメリ属は本種、クジャクソコヌメリ、ソコヌメリの3種が日本に分布している。分類は日本と海外で大きくことなっており、例えば比Fishbaseでは本種はCallionymus属の中にいれているが、日本産魚類検索ではBathycallionymusとされているが、後者の分類体系に従うのが妥当であろう。

ネズッポ科のうちネズミゴチやヨメゴチは底曳網で多く漁獲され食用となっている。本種はやや深い150mくらいの場所に生息しているようで、沖合底曳網などでたまに漁獲される程度で食用となることはほとんどないと思われる。愛知県以南の太平洋岸に分布し、台湾にもいるようだ。

●ネズッポ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます