ヤエギス

ヤエギス

今日で3月も終わりです。

ちょっと前になるが、久々に珍しい魚を頂いた。スズキ目・ヤエギス科のヤエギスという魚。

ヤエギスは「日本の海水魚」などに掲載されており、写真も掲載されているが、出会うのは初めてであった。

ヤエギス科の魚はいくつかの属が知られ、そのうちサンリクヤエギス属の魚はヤエギス属と大変よく似ている。しかしヤエギス属の魚は側線は目立たず、肥大した有孔鱗がないこと、尾鰭軟条の最下方に小鋸歯があるなどの違いがあるようだ。確かに側線が目立っていないが、サンリクヤエギス属の魚を見たことがないのでよくわからない。

世界ではヤエギス属の魚は4種が知られている。そのうち2種はStevenson and Kenaley (2013)により新種記載されたものだ。そのうち日本に生息しているのはヤエギス1種のみで横浜産の個体をもとに新種記載された。日本近海にのみ分布している、というわけではなく、日本からベーリング海を経てアメリカ西岸にまで分布するようだ。日本国内では北海道~土佐湾の水深200m以深の深海に生息しているようで、なかなか出会うことができない種である。この個体は北海道産。従来は南半球やグリーンランドにも生息する、とされたがこれらは別種とされており、ヤエギスの分布は北太平洋に限定される。

ヤエギスの口と眼は近い位置にある。これはサンリクヤエギス属とは別属のコクチヤエギス属と見分けるポイントになる。コクチヤエギス属は口と眼がやや離れている。またヤエギスはあまり明瞭ではないが側線をもっているのに対し、コクチヤエギスは側線を有していないようだ。

何を食しているのかは謎であるが、今回捌いたときは胃の中には何も入っていなかった。

二枚おろしにしてみると、外見とは全くことなり、白い身が綺麗。鱗は全くないわけではないが、底曳網漁業で漁獲されたものであり、すれてしまったせいかほとんどなくなっていた。

お刺身。これはやわらかくて脂がよく乗り美味であった。

塩焼もまた美味である。まだまだ未知ながら美味しい魚は確かに存在するのだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます