シロカサゴ

シロカサゴ

本の記事はまた今度。今回もナンヨウキンメと同様にいただいた魚類。スズキ目・フサカサゴ科・シロカサゴ属のシロカサゴ。シロカサゴはこのぶろぐで紹介するのは2回目。前回の記事はこちら。

連日の深海性カサゴ特集、その最終回を飾るのはシロカサゴSetarches guentheri   Johnsonです。 シロカ...

シロカサゴ属はフサカサゴ科ではなくSetarchidaeという独自の科に入れられることがある。日本産魚類検索では、フサカサゴ科の中にフサカサゴ亜科のほか、メバル亜科・ハチ亜科・シロカサゴ亜科・ミノカサゴ亜科・ヒメキチジ亜科・キチジ亜科・ヒレナガカサゴ亜科を含めているが、シロカサゴ亜科とミノカサゴ亜科を除き、現在は独立した科として扱われているようだ。

カサゴの仲間は概ね海底に生息しているが、このシロカサゴ亜科のメンバーであるクロカサゴなどは大きな胸鰭を使って中層を泳いでいるのだという。

背鰭棘数は11~13棘で、鰭棘には毒があり刺されると痛むことがある。取扱いには注意しなければならない。底生動物などを捕食していると思われるが、今回の個体は胃が反転しており、胃内容物を確認することはできなかった。

アカカサゴとの見分け方

このブログでも以前紹介したことがあるかと思うけどここで再掲。アカカサゴとは以下の特徴で区別することができる。

シロカサゴの頭部。前鰓蓋にある棘のうち2番目の棘が1・3番目の棘よりも極端に短いということはない。

アカカサゴの頭部。前鰓蓋部の2番目の棘が1・3番目の棘よりも極端に小さいのが特徴だ。ただし、この棘の長さは色々な段階のものがあり、これだけでこの2種を同定していいのかという声もある。

色彩的にはアカカサゴは赤色であるが、シロカサゴのほうは紫色を帯びた赤色という感じであった。ただ冷凍してしまうとなかなか区別しにくくなってしまう。

生息水深はどちらの種も100~1000mほどで、多くは水深200m以深。ただし個人的にはシロカサゴのほうが深場に見られる種のような気もする。2009年の沖合底曳網ではシロカサゴの成魚は1匹しか見られず、ほかは幼魚が多かった。一方アカカサゴは多くの量が見られた。

シロカサゴを食べる

前回のナンヨウキンメ同様多くの図鑑でdisられてる(たとえば北隆館「原色魚類大圖鑑」など。396頁のシロカサゴの解説で「不味」の記述がある)シロカサゴであるが、今回は食してみることに。

前回のナンヨウキンメの中骨を含む他の魚と一緒に煮物で食べることに。皿の上にある赤い大きな魚がそれ。なお、我が家ではめったなことでは魚の頭が食卓にのぼることはない。肝心な味についてはかなり美味であった。

これは恐らくシロカサゴの卵、と思われるものだ。シロカサゴの繁殖様式は不明だが、卵生だと思われる。

このシロカサゴもナンヨウキンメ同様に石田拓治さんにいただきました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます