小学館の図鑑Z 日本魚類館

小学館の図鑑Z 日本魚類館

先週イーアスつくばの中の本屋で購入してきました(このあたりでは学術的な本については一番の品ぞろえ)。「小学館の図鑑Z 日本魚類館」という本。A5変形だが大変分厚く読み応えがある一冊。

この6900円の本の購入に簡単に踏み切れたのは、まず他の方からお聞きしていたのだが、1.ヨシノボリの混乱の解消、2.サケビクニンのコンプレックスの掲載、の二つである。1.は千葉県産の某ヨシノボリと滋賀県産の某ヨシノボリのふたつが消滅しトウヨシノボリの名称が復活していた。2.についてはトゲビクニンとアオビクニンが復活したが、復活して以降の日本語で読める最初の図鑑になったかもしれない。

そのほかにも学名について最新の知見が見られる。特にエイ類で顕著で、これは日本魚類学会の「シノニム・学名の変更」でも触れられているが個人的にはウシエイがこれほど広い範囲に分布するということや、ホシエイが南半球にもいて、学名はその南半球のものが有効とは思わなかった。そのほかにもいくつかの学名が変更されていたりする。ソウシハギの解説文に「温暖化の影響」というマスコミによるお馴染みのワードが掲載されておらず安心して読める本になっている。

ただしこれほど分厚い本であっても収録されている種数は1417種にとどまる。膨大な量の解説や各部位の写真などのため仕方ないかもしれないが。日本にも大量の種が分布するスズメダイの仲間の収録種数が少ない(わずか4ページ)のは残念だ。それでもこの本をおすすめしない理由はない。ちょっとお値段は高めだが。

次回はこの本に掲載されていた、あるスズキ目魚類の話を(亜目まで書いたらばれそうだ)。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます