オグロコンニャクウオ

オグロコンニャクウオ

この間の日曜日に初めて食べる魚を入手した。スズキ目・クサウオ科・コンニャクウオ属のオグロコンニャクウオという魚だ。

オグロコンニャクウオをこのブログで紹介するのははじめてではない。以前も北海道羅臼で獲れた個体を紹介している。しかし前回の個体は20cmほどの小ぶりの個体。今回の個体は全長530mmもあり、前回の個体よりもかなり大きい。

オグロコンニャクウオの胸鰭にはザラビクニンなどに見られる欠刻はない。このほか、体が汚れた桃色であること、歯が棒状で細長いこと、鰭の縁辺が黒っぽくなること、吻の形状などでほかのコンニャクウオ属の魚と識別することができる。ただし違いは微妙で分かりにくいし、成長段階で形質が変わることもありえる。ダンゴウオ科は従来は体側の瘤状突起の有無で属を分けていたがこれは雌雄差である(と思われる)ことがわかっている。

コンニャクウオの仲間は映像では海底のすぐ上を浮遊していたりするが、海底で休息していることもある。腹部には小さな吸盤がある。そのすぐ横に見えるのが肛門。コンニャクウオ属の魚の肛門は意外と頭部に近いところにあるのだ。

オグロコンニャクウオを食べる

コンニャクウオの仲間はまずいわけではないが、味が乏しい。煮つけなど味付けする料理に合うかもしれない。また鮮度が落ちやすい。今回のこの煮つけは作った当日は美味であったが翌日は変な食味…腐っていたようで残念ながら廃棄するしかなかった。申し訳ない。

しかしクサウオって本当に保管中に腐ることがあるような気がする。以前入手したサケビクニンやエゾクサウオも腐ってしまった感じだったし、さばくと皮の下が腐っているような個体に出会うこともあった。サバなど以上に鮮度が命なのかもしれない。

さて。総選挙の会場がナゴヤドームで決定したことで、あちこちぶろぐを見てみたがやっぱり珠理奈の1位がほぼ確実に。ということで栄ヲタの皆さま、珠理奈ではなく須田亜香里さんに入れていただけないだろうか。ご理解とご協力をよろしくおねがいいたします。

●クサウオ科

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. 磯岸小三郎Jr より:

    ご無沙汰しています。
    著作権の問題で、ネットで知り合った方がCopytrackというサービス利用して、
    不正利用使用料を回収したそうです。

    パソコンが壊れ、アドレスをなくしたためここから連絡させてもらいました。
    いくつか標本もあるので、連絡してください。

    • 椎名(msfishlover) より:

      あら、お久しぶりです。ご無沙汰ですね。
      著作権の問題は、今後、「漫画村」などの問題もあり、無断で使うとどういうことになるか理解していただけるのではないかと考えています。
      パソコンが壊れてしまったとのこと、残念ですね…
      なお、メールアドレスはmasato-seafish-life@white.plala.or.jpです。