クロウシノシタ

クロウシノシタ

福岡・長崎から帰ってきた後、現地で購入したり、頂いたりしたさまざまな魚を食べて楽しんでいます。このクロウシノシタも、福岡県津屋崎の「お魚センターうみがめ」で購入したもの。

クロウシノシタは津屋崎近辺ではもっともよく見られるウシノシタ科魚類だと思っている。成魚は津屋崎近辺の定置網ではよくかかるし、幼魚は水深1mを切るような浅瀬で採集したこともある。アカシタビラメやコウライアカシタビラメ、イヌノシタといった種類も生息しているとは思うのだが、まだ津屋崎では確認していない。

クロウシノシタを含むタイワンシタビラメ属の特徴は口に小さな触鬚があること。これでイヌノシタの仲間と見分けることができる。北海道小樽~九州南岸までのほとんど日本各地に生息している。

クロウシノシタは魚関連の本などを見ていると、味はアカシタビラメに劣るなどの記述がなされている本が多い。しかしムニエルや唐揚げなどにすると、アカシタビラメに劣らず美味しいものであった。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます