アリアケスジシマドジョウ

アリアケスジシマドジョウ

今回の九州では、淡水魚採集も楽しめた。

残念なことに、採集紀行の写真や、採集中に出会ったいきものたちの写真を掲載することはできない。相棒μ720SW君が逝ってしまったのだ。恐らく液晶がおかしくなったんだと思う。久しぶりに見つけたニホンカナヘビさんや、珍しい昆虫の写真もアップすることはできないのだ。

九州にしかいない淡水魚は多い。セボシタビラ、アリアケギバチ、カワバタモロコ九州産、カゼトゲタナゴなど。ドジョウの仲間も九州特産のものが多く、山口県にも分布しているヤマトシマドジョウを含めば5種、もしくは亜種が九州特産なのだ。

このアリアケスジシマドジョウも九州特産のシマドジョウ属。九州産のスジシマドジョウ種群は3つが知られている。オンガスジシマドジョウ、ハカタスジシマドジョウ、そしてこのアリアケスジシマドジョウだ。オンガスジシマドジョウとハカタスジシマドジョウはナミスジシマドジョウの亜種であるが、このアリアケスジシマドジョウは独立種である。

太く短い体と、「スジシマドジョウ」らしい太い縦線が特徴的。尾鰭の模様も弧を描いており、美しい魚である。筑後平野では少なくはないというが、開発などにより生息場所は確実に少なくなっているよう。埋め立てとソーラーパネルは脅威だ。

こちらはアリアケスジシマドジョウの雌と思われる個体だ。雌は斑点状の模様をもち、体側の縦線がない。尾柄には二つの黒色斑があるが、上は明瞭、下は不明瞭である。今回採集を行った河川では大型の年越し個体もよく見られたが、小さい個体が数多くみられることも重要とされる。小型個体も見られたので、それほど危険な状態ではないと思われるが、埋め立てや開発は脅威だ。自然下では短命だが、チュウガタスジシマドジョウを10年も飼育している方もいる。水槽下での繁殖も成功させれば、スジシマドジョウ類の減少を食い止めることになるかもしれない。もっともそれはドジョウを繁殖させ、放流を行うような人が出現する可能性もあり、諸刃の剣ともいえる。

こちらはヤマトシマドジョウ。10年まえに近隣の河川で採集した個体。尾柄部にある黒色斑は上・下ともに明瞭。尾鰭の模様もアリアケスジシマドジョウとは違う。

この間の総選挙では簡単に予想できたことであったが、やはりSKE。松井珠理奈と須田亜香里の1-2フィニッシュであった。須田さんはカワイイし、応援のし甲斐があったというものだ。ただ、いずれにせよもう選挙の会場がナゴヤドームに決まってから、この結果は想像できたことで。みこってぃのネクストガールズ入り、まちゃりんも入ってめでたしめでたし…といいたいものの、中井りかの発言は常にいらいらさせられる。人をいらだたせる天才といえる。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます