ワニゴチ

ワニゴチ

お久しぶりのぶろぐ更新。久しぶりに新しい魚をご紹介。スズキ目・コチ科のワニゴチ。

トカゲゴチやイネゴチは何度か見てきたが、それとは全く違う風貌である。トカゲゴチは25cmくらいまでのようだが、このワニゴチは50cmを超える大型種だ。トカゲゴチ属は日本には2種が産する。Inegociaという属名だけにイネゴチもこの属と思ってしまいがちだが、イネゴチは別属の魚である。

なおワニゴチは従来Inegocia guttataという学名が使われたが、これのタイプ標本はイネゴチとされ、ワニゴチに対する学名はなかったため、2010年に新種記載されている。

この手のかっこいい大きめのコチはこれまでイネゴチ、トカゲゴチ、ハナメゴチと見てきたが、ワニゴチは初めて見た。まだ見ていないのはミナミイネゴチとエンマゴチ。ミナミイネゴチは沖縄本島以南の琉球列島に、エンマゴチは山口県、八丈島、琉球列島に生息しているようだ。

初対面のワニゴチなのだが、今回の九州遠征では、ワニゴチに2回も出会うことが出来た。トップの画像は長崎県のもので、もう1個体は福岡の津屋崎で出会ったものだ。津屋崎ではマゴチはたくさん見てきたが、ワニゴチは初見であった。

津屋崎ではこのほか、コチの仲間はイネゴチがいるようだ。これがおそらくイネゴチの稚魚と思われるもの。胸鰭の大きな白色斑が特徴だ。成魚は水深数10mの場所で釣りや底曳・刺網により漁獲されるが、幼魚は膝くらいの水深の場所にも出現するようだ。意外なほど素早く採集しにくかった。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます