コモンハタ

コモンハタ

お久しぶりです。なかなかブログを更新できませんでした。もうしわけないです。今日もこのブログでは初めてご紹介する魚。ハタ科・マハタ属のコモンハタ。

全長70cmを超える大型種だが、この子はやや小さ目(といっても40cmを超える)。大きいと丸っこい感じがするが、このころはまだそれほどではない。

特徴は体側に黒い斑点があること。小さいうちはずらーっとならぶようだが、大きいものは散らばっているような感じ。背中には白い斑紋がでることがあるが、死ぬと不明瞭になるようだ。オオスジハタは点線が複数列あるので、このコモンハタと区別することができる。

分布域は若狭湾・相模湾~九州と小笠原諸島。海外では朝鮮半島、中国、台湾、西太平洋、インド洋や紅海にも分布するとされるが、この手のごく小さな斑点があるハタは誤同定もされるようだ。この個体は長崎県産。

この種はやや深場(水深100m前後)の岩礁域に生息している。小型の個体は底曳網や定置網でも漁獲されるというが、これらの漁法ではコモンハタが上がったところは見たことがない。深場の岩礁域から釣りや延縄、刺し網などで漁獲される種だと思われる。

コモンハタのお刺身。薄く切ってポン酢で食べるのが美味しい。長崎市・印束商店さんにはお世話になりました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます