小さなモンスター オニハゼがやってきた

小さなモンスター オニハゼがやってきた

我が家にハナビラクマノミがやってきたのと同じ7月22日に、もう1種新しい魚がやってきたのでした。ハゼ科のオニハゼという魚。

これまでテッポウエビと共生するハゼはクビアカハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ハチマキダテハゼ、メタリックシュリンプゴビーなど色々飼育してきたがこのオニハゼは飼育するのがはじめてだ。また種類だけでなく、これほどでかい(10cm弱)の共生ハゼを飼育するのもこれがはじめてとなる。

オニハゼの仲間は口がやや大きめで顔がいかつい。オニハゼと同じ属のヒメオニハゼも小さいわりには口がでかい。しかしなかなか口を大きく開けるシーンには遭遇しなかった。背鰭は丸い形で、ヒメオニハゼは第1・2棘がやや伸びる。英語名ではモンスターシュリンプゴビーというらしい。

日本産オニハゼ属魚類は魚類検索図鑑の第二版では本種とヒメオニハゼの2種だけが掲載されていた。第三版ではホタテツノハゼ属に含まれていたホタテツノハゼ・ウシオニハゼ・オニツノハゼの3種と、従来ヤツシハゼ属のものとされたヤジリハゼの計4種が加わり6種となっている。オニハゼは国内では千葉県館山湾~琉球列島、島根県、長崎県に分布し温帯の環境によく適応している。従来は日本固有種とされていたが、フィリピンやインドネシアにも分布していることが分かっている。近年観賞魚店でたまに流通しているのを見るが、これはおそらくインドネシア産だろう。今回は千葉県でKGKK氏(昨年高知へとご一緒していただいた)により採集された個体。ありがとうございました。

ハゼの仲間は到着してすぐ餌を食うものばかりであったが、このオニハゼはそうではなかった。なかなか餌に口を使おうとはしなかったのだ。

魚本来の生活様式にできるだけ合わせてあげるのが長期飼育のヒケツといえる。このオニハゼは共生ハゼなので当然エビとの共生が一番。しかしなかなか共生するタイプのテッポウエビは大きいのが販売されていない。ようやく群馬県邑楽町の「チャーム」で良さげなサイズのテッポウエビを発見して購入した。

その後ようやく7月29日にクリル(乾燥オキアミ)を口にしたことを確認した。これでようやくひと安心である。いずれにせよ何か食べる餌があればそれを中心に与え、じょじょに配合飼料に慣らしていく方法が使える。長期飼育を目指してがんばりたい。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます