ブダイ

ブダイ

昨日は大きな仕事を徹夜で終わらせたので今日はゆっくり。

5月の長崎でなんと10年以上ぶりの魚を購入。スズキ目・ブダイ科・ブダイ属のブダイ。一般的に「ブダイ」といえば、沖縄の青いブダイを連想しやすいが、沖縄の青いブダイは標準和名ブダイとはことなる亜科のものとされている。標準和名ブダイは温帯性で、沖縄にもいないわけではないが温帯性が強いようだ。琉球列島では同じブダイ属のタイワンブダイやチビブダイがいる。

写真の個体は鱗がはがれておりあまり綺麗ではない。ブダイの仲間は色々な漢字があてられており、武鯛という勇ましいもの、醜鯛のような醜いものまであるが、歯の部分を除けば顔はなかなかハンサム。頭部が真っ赤で格好いいがこれは雄だという。

今回は唐揚げにして食べた。ブダイを食すること自体は久し振りではない。5月に千葉県の南房総市でブダイの寿司を食べたがこれが美味しかった。ただそれ以前にブダイを食べたのはいつだったか、まったく思いだせない。ひと月に二度も同じものを食べた。なかなか出会う機会がないものだが来るときはまとまってくるのだ。ブダイのことは不味という人もいるが、私が食べた感想としてはかなり美味であった。

なおブダイ科魚類は基本的に熱帯性の魚で本州から九州で見られるのは少ない。成魚はせいぜい本種か、アオブダイ、ヒブダイ程度のもの。幼魚や若魚は探せば色々見られるのだろうが、同定は難しい。

今回は印束商店さん(長崎市)にお世話になりました。印束社長、石田拓治さん、いつもありがとうございます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます