ヨコシマサワラ

ヨコシマサワラ

お久しぶりです。最近は姉妹サイトの方や別の仕事が忙しかったためしばらくぶろぐ更新をお休みしてしまっていました。しかし、このたび珍しい魚が手に入ったため、このブログでも紹介しないわけにはいきません。

珍しい魚とは、このヨコシマサワラのこと。ヨコシマサワラは魚類検索図鑑では佐渡、山口県日本海岸、長崎県、琉球列島に分布しているとあるが、高知県でも確認している。ただ日本海岸に多いのだろう。この個体も山口県の日本海で獲れたものだ。

ヨコシマサワラの特徴は体側に多くの横縞模様があること。これが名前の由来だろうか。またこの写真からはもう一つの大きな特徴も読み取れる。側線が第2背鰭後方の下方で急に下に曲がっているのだ。これもヨコシマサワラとほかのサワラと区別するための特徴といえる。同じように側線が急に下方にまがるものにはウシサワラがいるが、ウシサワラは側線が第1背鰭で下方に曲がっている。

ウシサワラと異なる点はもうひとつ。胸鰭が丸くないところ。ウシサワラの胸鰭後縁は丸みを帯びる。ウシサワラも食したいのだがまだ食べたことがない、憧れの魚のひとつだ。

刺身や塩焼などさまざまな用途がある。今回は刺身メインであったが、かなり美味。今回は京都のシーフーズ大谷さんから送っていただいた。感謝です!

なお、日本近海に生息するサワラ属は5種類。これまで出会ってきたサバ科魚類はサワラだけで、これで2種目。このほか日本にはウシサワラ・タイワンサワラ・ヒラサワラの3種のサワラ属魚類が生息しているがタイワンサワラとヒラサワラは日本ではほとんどおらず、朝鮮半島や台湾に多いようだ。もう1種カマスサワラはサワラ属ではなく、1属1種のカマスサワラ属の魚となっている。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます