我が家初の2m越え魚類 ナガユメタチモドキがやってきた | 魚のブログ

我が家初の2m越え魚類 ナガユメタチモドキがやってきた

ナガユメタチモドキはその名の通り、スズキ目・タチウオ科に属する魚だ。

分布域は三大洋に及び、日本にも分布する。日本では青森県、岩手県、相模湾、静岡県、紀伊半島、土佐湾の太平洋岸、日本海岸でも福井県や山口県からの記録があった。この個体も福井県越前町の産である。

この種の特徴は、なんといっても細長いこと。ナガユメタチモドキ属の魚は本種のみの1属1種であり、ユメタチモドキとも別の属である。ユメタチモドキとは体がえらく細長いことや、背鰭の鰭条数により区別することができる。

ナガユメタチモドキも、タチウオの仲間であり口には小さいが鋭い歯が並んでいる。タチモドキとは頭部の形状が異なり、両眼の間隔に隆起があることによって区別することができる。ほかのタチウオ科魚類と同じく、動物食性で魚類をおもに捕食するようだが、今回は胃の中には何も入っていなかった。

今回の個体は全長で2114mmもあり、これは我が家に来た魚の中では最長のサイズである。長いわりには細みの体であり、主さは1857gであった。11月にやってきたムラサキギンザメ以来の脚立の出番となったが、それより前に脚立を使ったのは2015年のユメタチモドキ以来である。来ないな、来ないなと思っていても、来るときはまとまってやってくる。

刺身。これは脂がよく乗っていて美味しい。

塩焼。こちらはタチウオとあまり変わらないが、やはり脂がのっていて美味しい。

これはマスターグリさんよりいただきました個体です。このほか、時間の都合上紹介することはできませんでしたが(また紹介するかも)タナカゲンゲ、イノシシなどもいただきました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます