新年初ぶろぐ

新年初ぶろぐ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今年はまだ年賀状の一部が出来ていないなど、大変忙しい正月となっております。

初採集は1月4日、まだ雪が残る中小河川で網を振り回した。

今シーズン初採集魚の一つはスナヤツメ。スナヤツメは北方種と南方種がいるようで、残念ながらどちらか定かではない。写真はアンモシーテスの個体のようで、眼が退化している。このころは口があるが親になると口が消滅し餌を取らずに死んでしまうらしい。

続いてオオシマドジョウ。以前琵琶湖産の個体を採集とおもいきや、あれはニシシマドジョウの湖産個体らしい。したがって初採集種になる。これは幼魚で同行していただいた方の個体を撮影させてもらったもの。このような幼魚からウナギと間違えるようなサイズまで、結構個体数は多かった。初採集種のうちもう1種はまだ写真を撮影していないが、近いうちに公開したい。なお、その魚種はコイ科の魚で「え、この魚採集したことないの」とお思いのかたもいるかもしれない。

今年はチュウガタスジシマドジョウ、サンヨウコガタスジシマドジョウ、オンガスジシマドジョウあたりを採集したい。コイ科で採集したいのはカワバタモロコ、イチモンジタナゴ、デメモロコ、ヒガイ。

ということで、本年もよろしく。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます