ニベ

ニベ

2月ももう3日になりました。もう2019年も1/12終わりました。

ミナミキントキ、アオスミヤキ、カスリハタ、ホラアナゴ、オオスジハタ。これは何のリストかといえば、今年買い逃してしまった魚だ。

で、今年初めて購入した食用魚がこちら。ニベ科のニベ。

ニベは食用の魚としては比較的ポピュラーなものだ。銀色の体で、黒い線のような斑紋が特徴なのだが、この写真からは分かりにくい。フラッシュをたいていると、こうなってしまうようだ。

下顎の先端には小さな孔が開いている。この孔の数で種の同定をすることができるようだ。ニベ科には下顎にひげをもつものもいるが、日本に分布するニベの仲間はヒゲイシモチをのぞくほとんどの種がひげを持っていない。「日本産魚類検索第三版」にはニベ科の魚は17種が紹介されているが、そのうち日本の沿岸に生息するのはこのニベのほかコイチ(瀬戸内海や有明海沿岸に多い)、オオニベ(相模湾以南の太平洋岸にすみ、日向灘や四国に多い)、クログチ(相模湾以南)、タイワンシログチ(吐噶喇列島)、シログチ(ほぼ日本各地)、キグチ(長崎県)、フウセイ(長崎県)くらいで、あとは東シナ海の遠隔地でしかお目に罹れないのだ。このうちコイチ、キグチ、フウセイはまだ標本を持っていない。採集されたらぜひご連絡いただきたい。今回は福島県産、ニベは太平洋岸では三陸以南にすみ、日本近海産のニベ科魚類のなかでも北の方にいる種といえそうだ。

ニベの仲間はどの種も、どんな料理でも使える白身が特徴。金色のキグチやフウセイは中国や韓国では高級魚だ。今回はムニエルにして食べてみたが、これはかなり美味しい。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます