9年ぶりのスジミゾイサキ

9年ぶりのスジミゾイサキ

この間、9年ぶりくらいに出会う魚を送っていただいた。イサキ科のスジミゾイサキという魚である。

スジミゾイサキは一見、イサキに似ているが体側に4本前後のオレンジ色の縦帯が入ることによって見分けられる。ミゾイサキの仲間はイサキの仲間とは色彩だけでなく下顎に縦長の溝があることでも見分けられるのである。ミゾイサキ属の魚はみな南方系の魚で本邦産は怪しいものを含めて4種。多くの種は九州以南にすむが、本種は神奈川県二宮や浜名湖でも確認されている。

今回のスジミゾイサキはなんと10匹も届いた!塩焼や唐揚げにして美味しくいただいた。成魚でも10数cmほどの小型種のようで、骨が硬くて食べにくかったが、味はかなり美味であった。

前回この魚に出会ったのは9年前の2009年の下半期。その時は鹿児島県笠沙の伊東正英さんから送っていただいたもので、そのときもイサキとは思えぬ、シマイサキとか、大西洋にすむタイセイヨウイサキ属の魚のような色彩・模様に驚いたものである。ただし生きているときは体が黄色っぽく見えるようなので、間違えることはないかもしれない。写真は9年前なので展鰭がえらい酷いのは見逃してほしい。

今回送っていただいたのは鹿児島魚市の「田中水産」さんからです。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます