アンダマンアジ | 魚のブログ

アンダマンアジ

またもご無沙汰していました。金がないのに出ていく金が多いので頑張ってお金を稼ぐしかありません。ですが、どうしてもお金を使わなければならない魚というのがいるんです。

これがそのアンダマンアジ。アンダマンアジはアジ科・ヨロイアジ属の魚で、全長70cmを超える大型種だ。

体には小さい斑紋がある。そのため近縁のホシカイワリに似ているが本種は眼の前方がわずかに凸状になること、眼が吻端を通る縦軸の上にあることから区別することができる。ホシカイワリはもっと眼が上にある。

なお、本種はヨロイアジ属の魚とされているが、このヨロイアジ属は多系統とされ、今後何種かに分かれる可能性がある。恐らくコガネアジ・クロヒラアジ・アンダマンアジ・ホシカイワリの群と、ヨロイアジやマルヒラアジの群にわけられるだろう。インドカイワリはもしかするとヒシカイワリに近いかもしれない。また海外ではカイワリもこのヨロイアジ属の中に入れられたりしているが、これは明らかに独立属であろう。

分布域はインド-西太平洋、紅海とミクロネシアのカピンガマランギで、日本では沖縄県那覇から報告されている稀種だという。今回は鹿児島県種子島の定置網に入った個体ということで北限記録を更新する可能性もある。

アンダマンアジもアジ科であり美味しい種類である。別の大型アジはイマイチという印象があったが、この種は美味しい。脂もよく乗っていたが(特に薄い色の部分)、養殖魚の脂とは異なり、いやにならない。

こちらは中骨のところに残った肉をそぎ落としたものでこちらもかなり美味しい。

今回は鹿児島 田中水産 田中 積さんにお世話になりました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます