ヤノリボンスズメダイ | 魚のブログ

ヤノリボンスズメダイ

久しぶりのブログ更新です。先週(5/31-6/2)沖縄へ行っていました。

到着してすぐ泊いゆまちの偵察、その後は本島中部で釣りをしていたが、変わった魚が釣れた。

ヤノリボンスズメダイという魚である。

ヤノリボンスズメダイは、スズメダイ科・リボンスズメダイ属の種だ。魚類検索の第二版ではリボンスズメダイ・クロリボンスズメダイ・スミレスズメダイの3種しか掲載されていなかったのだがその後新たに2種が日本から記録された。そのうちの1種がこのヤノリボンスズメダイだ。

▲釣り上げてすぐの個体

英語でシルバードゥモワゼルと呼ばれるが、釣りあげるとシルバーというよりはブルーメタリックの体が美しいものであった。また鰓蓋の後方にある暗色斑や「ネコ目」も特徴といえるだろう。鰭は黄色っぽくなく、コーラルドゥモワゼルと区別できるようだ。オキナワスズメダイというのにもよく似ているがこの種は全くの別属である。

私は「大変珍しいスズメダイを釣った」!と小躍りしたのだが、その後も同じ場所で何匹も何匹も釣れたのが意外であった。底のほうにいる別のスズメダイを釣ろうとしても本種とクラカオスズメダイ、ロクセンスズメダイがガンガン餌をとっていく。この場所は比較的釣りやすく、また沖縄本島を訪れた際には釣りたいポイントである。

▲我が家の水槽で泳ぐヤノリボンスズメダイ

このヤノリボンスズメダイは無事生かして帰宅することができた。無理いってパッキングしていただいた観賞魚店の女性スタッフに感謝。分布域は西太平洋で、日本では宮古諸島や八重山諸島にすむとされていたが、沖縄本島でもダイバーにより確認されたようだ。さらに幼魚は「魚類写真資料データベース」によると、伊豆半島でも確認されているとのこと。生息場所はサンゴ礁や内湾で、リボンスズメダイなどとは異なり汽水域では見られないようだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます