ルリスズメダイ | 魚のブログ

ルリスズメダイ

今回の旅はルリスズメダイを釣ることができた。沖縄や喜界島の浅い潮溜まりや漁港ではほとんど毎度みる魚ではあったのだが、釣って写真をのこしたのは初めてであった。

ルリスズメダイといえば、体全体が青く染まる非常に美しいスズメダイだ。和歌山や高知でも確認はされているものの、主たる分布域は鹿児島県以南、琉球列島。海外では西太平洋に限定分布し、インド洋や大西洋にも青いスズメダイは分布しているが、それは本種ではない。

このようなスズメダイを釣るのには「赤虫針」が役に立つ。針の先端にオキアミの殻をむいたものをつければ、このような小型のスズメダイを釣りあげられる確率は高くなる。一方、サヨリ針を使うと赤虫針ほどは釣りにくくなるが、それよりも大きなベラの仲間やイスズミなどがかかっても(あるていどの小型のものは)対応することができる。

しかし今回の釣りはほかのスズメダイとの戦いであった。餌をめがけてヤノリボンスズメダイが、ロクセンスズメダイが、クラカオスズメダイが群がってくる。沖縄は魚の種類が多いのだが、狙った魚が必ず釣れる、とは限らないのだ。そんななかで唯一釣り上げたこの1匹は、自身にとって価値ある1匹となった。しかし、写真をよく見てみたら背鰭、臀鰭の軟条部が上手く広がっていない。また挑戦するしかない。

なお、この個体は雌である。雌は尾鰭が透明なのだ。一方雄の個体は尾鰭も鮮やかな青色になる。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます