ミンサーフエフキ | 魚のブログ

ミンサーフエフキ

沖縄では市場で魚を購入したりもした。写真の魚は「ミンサーフエフキ」。名前に沖縄の織物「ミンサー織」のミンサーの名が入ったフエフキダイである。

ミンサーフエフキの歴史はそれほど古いものではない。2003年にニューカレドニア産の個体などをもとに新種記載され、標準和名がついたのも2006年のことだ。ただ生息地では昔からアミフエフキの変異個体とされていたらしい。

見分け方は体側の黒い大きな斑紋の有無、頭部の形状だという。ミンサーフエフキの頭部背縁のカーブはアミフエフキとは明らかに異なる。斑紋については、アミフエフキの中にも出現しない個体があるということで注意が必要だ。鰓蓋のところが若干赤くなっているが、ホオアカクチビとは違うように思える。

一瞬、イトフエフキのようにも見えるが、背鰭の棘条はどれも極端に長くのびない。胸鰭の腋部にはイトフエフキとはことなり、鱗がない。本種のように胸鰭腋部に鱗がないフエフキダイの仲間にはほかにアミフエフキ、ヨコシマフエフキ、ヤエヤマフエフキ、ホオアカクチビなどが知られている。

ミンサーフエフキもほかのフエフキダイ同様に食用になる。今回は刺身で食べたが絶品。ほか、マース煮や焼き物などでも美味しく食べられるに違いない。基本的にサンゴ礁域に多くみられる魚で、釣りや追い込み網などで漁獲されるようだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます