オニソコホウボウ | 魚のブログ

オニソコホウボウ

もう7月になりました。先月20日のことですが、長崎から珍しい魚がやってきました。

ホウボウ科ソコホウボウ属のオニソコホウボウという種類である。熊野灘から琉球列島、東シナ海に分布し、海外では台湾、中国、西太平洋に分布する。

オニソコホウボウもホウボウ科の魚で、胸鰭が大きい。胸鰭の色彩は暗い緑色で、胸鰭下方は白っぽいのが特徴だ。ハナナガソコホウボウだと、胸鰭の内面に縞模様があるらしい。

体の上面に黄色く縁どられた暗緑色の斑点があり、ソコホウボウにもよく似ているが、ソコホウボウはもっと黒色斑の感じが異なる。またソコホウボウは胸鰭内面に白い斑点があるが、本種にはない。またソコホウボウの吻棘は長くのびていないが、本種は長く伸びる。

吻棘が長く伸びるハナナガソコホウボウとは、胸鰭の内側の模様のほか、上膊棘の長さ(ハナナガソコホウボウは短く、オニソコホウボウは長い)でも区別できる。胸鰭の模様が見れないときにはこの特徴で見分ければよい。日本産でよくにたもう1種Pterygotrigla cajoraroriは吻棘がかなり肥大している。この種については学名があるものの、標準和名はついていない。南日本の太平洋岸から西太平洋に分布している。高知県近海のほか、静岡県遠州灘からも獲れている。

今回のオニソコホウボウは刺身にして食べた。綺麗な白身ではあるが、味は薄いが、臭みもない。ポン酢や刺身醤油があれば美味しい。これは3匹分で、1匹だけではこれの1/3となる。東海大学出版会の「東シナ海・黄海の魚類誌」では「漁業資源としての価値はない」などとぶった切られているが、これだけうまいものを価値がないと切り捨てるとはなんたることか。今は特定の魚種に漁獲の圧がかかっているはずだから、こういうものも食べて分散させることが大事なのだ。

今回は長崎 印束商店の石田拓治さんから。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます