キスジアカボウ

キスジアカボウ

今回は我が家にやってきたすごいベラを紹介。ベラ科のキスジアカボウである。

キスジアカボウはベラ科・タキベラ亜科・タキベラ属に含まれるベラの仲間…ではなく、キスジアカボウ属という別属のものとされている。日本における分布は小笠原諸島と沖縄本島。海外では中央太平洋、ハワイ諸島(タイプ産地)などにすむが分布は島嶼域に限られ局所的なようだ。なお、キスジアカボウ属は2種からなり、もう一種のイーストパシフィックホグフィッシュPolylepion cruentumはその名の通り東太平洋産で、コスタリカなどに生息する。

やや深海性で水深100~300mにすむとされ、なかなかお目に罹れないベラなのだが、今回はついに我が家にやってきたのであった。

写真では分かりにくいのであるが、頭部や体には黄色の蛍光線が入る。もしかしたら暗い深海でも何らかの光を受け発光し仲間とのコミュニケーションに使っているのかもしれない。ズナガアカボウの場合は体をクッキングペーパーで包むと黄色がペーパーにうつるのだが、このキスジアカボウの場合はそんなことがなかった。

今回は残念ながら食したところは撮らなかったのだが、煮つけで美味しくいただいた。今回のキスジアカボウは川辺勝俊さんから送っていただいたものです。珍しい魚をありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます