シマアオダイとヤンバルシマアオダイ | 魚のブログ

シマアオダイとヤンバルシマアオダイ

きょう(7/12)鹿児島の田中水産さんからシマアオダイが届いた。シマアオダイはスズキ目・フエダイ科・アオダイ属の魚で、やや深海性の魚である。このブログでは2013年の6月と9月にそれぞれ1回ご紹介してきた。およそ6年ぶりに食べることになる。肉色はほのかなピンク色で、脂も程よくのり美味であった。田中水産 田中積さん、ありがとうございました。

シマアオダイといえば、鹿児島県以南の海に「そっくりさん」がいる。それがヤンバルシマアオダイだ。

ヤンバルシマアオダイという名前での通り、沖縄諸島以南に生息するとされたが、最近薩南諸島からも記録されたし、標本はないものの、高知県宿毛湾でも獲れている。分布域は狭く、薩南諸島からサモア、オーストラリアまでの西太平洋である。ヤンバルシマアオダイは私にとって幻の魚であったが、ついに今年の6月、那覇の泊いゆまちでゲット。

▲シマアオダイ

シマアオダイとヤンバルシマアオダイの確実な見分け方は頭部にある。シマアオダイは眼の上、頭部の輪郭が直線的なのだ。また、主上顎骨に鱗があることも特徴である。老成すると後頭部が膨らみ出る。

▲ヤンバルシマアオダイ

一方、ヤンバルシマアオダイは頭部、とくに眼の上の輪郭は丸みを帯びている。また、主上顎骨には鱗がない。また体形はシマアオダイと比べて丸っこいが、これは同定に使えるかどうかは分からない。

今回のシマアオダイは尾鰭の後方、上端と下端が白っぽかった。一方ヤンバルシマアオダイは尾鰭の後方の上端は白っぽかったものの、下端は白っぽくなかった。ただしこれで種を見分けられるかというと難しいようだ。

最後に、シマアオダイとヤンバルシマアオダイをもう一度見比べてみたい。

▲シマアオダイ

▲ヤンバルシマアオダイ

▲シマアオダイ頭部

▲ヤンバルシマアオダイ頭部

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます