オオシタビラメ | 魚のブログ

オオシタビラメ

久しぶりに新しい魚との出会いがあった。カレイ目・ウシノシタ科のオオシタビラメである。

オオシタビラメは名前に「オオ」とあるが、日本国内で採集できるウシノシタの仲間では最大種というわけではないようである。全長は40cm前後であるが、イヌノシタなども40cmを超えるくらいにまで育つ。カラアカシタビラメという種は70cmくらいにまで育つらしいが、これは東シナ海や黄海、渤海の産で、以西底曳網漁業でなければまず入手できない種であろう。

本種の特徴は無眼側に有孔側線があるということだが、体側のものは確認できたものの、頭部のものはうまく確認できなかった。ああ、これがそうなのかな、というレベルだ。

分布域は三浦半島以南太平洋岸、広島県尾道、福岡県津屋崎、東シナ海。~インド-西太平洋域で、やや南方系のウシノシタの仲間である。生息場所は水深120m以浅の海底であるが、定置網などでよく漁獲され、底曳網漁業で獲れたのを見たことがないのを考えると、浅瀬を好む種類なのかもしれない。

なお、本種の属については魚類検索ではオオシタビラメ属としているが、Fishbaseではイヌノシタ属に含めている。ただいくつかの形質は本種をイヌノシタ属とは異なる属にするべきとする根拠もある。ただし確実なことはいえず、さらなる標本の確保をしておきたいところだ。

今回はムニエルにして食べた。今回の個体は全長482mm(体長455mm)もあり4人家族みんな身を多く食べることができる。今回も田中水産 田中 積さんにお世話になりました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます