センカエルウオの飼育 | 魚のブログ

センカエルウオの飼育

この間高知県まで行っていました。

高知県の潮溜まりではカエルウオの仲間を採集。いつも採集するものの多くはカエルウオ、タネギンポなのだが、今回は別の2種を採集。そのうちの1種、センカエルウオはこれまでも何度か採集してきたが、長期飼育が難しいようである。

センカエルウオとの最初の出会いは2012年の宮崎であった。当時「WEB魚図鑑」のメンバーだった私は、「宮崎オフ会」というものに参加。宮崎県の磯で採集したセンカエルウオやイソミミズハゼ、釣りで採集したツムギハゼなどを大事に新幹線で持ち帰ったものだ。

このセンカエルウオはこれまで採集したものでは最も大きく、全長8cmもあった。頭部正中線にトサカが発達した雄の個体であったが、他魚との混泳になじめず死んでしまった。

2回目の出会いは2017年の高知県であった。今回採集した場所の近くの磯であった。この時はあるアクシデントがあり、電車で持ち帰ったが酸欠で死んでしまった。

3回目は2018年の高知県。この時は今回センカエルウオを採集した場所で採集したのだが、この時もなぜか長生きしなかった。

これまで2回飼育に失敗してきたが、その理由はいくつか考えられる。ほかのカエルウオとの飼育がNGのようだ。宮崎産の個体は同じくらいの大きさのカエルウオや、ヤエヤマギンポといっしょに飼育していた。2018年高知で採集したときは、タネギンポというでかいものと混泳していた。これら大きめのカエルウオとの飼育によるプレッシャーというのがあったのかもしれない。

で、今回はニッソーの「クロスミニ」という卓上サイズのオーバーフロー水槽で飼育を楽しんでいる。タンクメイトには、センカエルウオを脅かさないようなサイズのスジクモハゼ。今のところ、水に浸してふやかした「海藻70」をバクバク食べているので心配はなさそうだ。脱走をふせぐためにアクリル製のDIY蓋を用いている。ということで、次は「センカエルウオがよく育っている」風なレポートを紹介したいものだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます