ミツバモチノウオ | 魚のブログ

ミツバモチノウオ

久しぶりのぶろぐ更新です。

今回の魚はミツバモチノウオ。ベラ科・モチノウオ属のベラの仲間で、全長40cmに達し、ベラの仲間としては大きめだが、この属では平均的なサイズだ。モチノウオ属にはベラ亜目の仲間の最大種であるメガネモチノウオが含まれている。

ミツバモチノウオの特徴はいくつかあるが、大きな特徴はその尾鰭。尾鰭の中央部がのびてるのだ。ただあまり伸びていない個体もいるらしく、注意が必要なよう。

ミツバモチノウオの頭部には赤い派手な斑紋が散らばる。アカテンモチノウオにも派手な斑紋が出るので、同定のポイントということにはならない。この2種を見分けるのには体側の模様を見るのが一番だ。ミツバモチノウオには赤い線があるが、アカテンモチノウオには白っぽい斑点がある。

ミツバモチノウオは今年見るのはこれで3回目。まず見たのは沖縄・牧志の公設市場であった。しかし牧志=高いというイメージ(どうしても観光客向けなので。魚体は綺麗なので)もあり実際に購入したのはオオモンハゲブダイだけであった。2回目はその次の日。沖縄美ら海水族館である。3回目が今回。鹿児島県産で田中 積さん(田中水産)が教えてくれたのだ。いつもありがとうございます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます