タナゴ類のこと | 魚のブログ

タナゴ類のこと

最近このようなニュースがあった。

ヤリタナゴに深刻な遺伝的撹乱

簡単にいえば、ヤリタナゴには7つの地域的なグループがあるというが、関東地方(荒川や利根川・霞ヶ浦水系など)のヤリタナゴについては近畿や東海からの移植であったというもの。

ヤリタナゴは準絶滅危惧で懸念は低いが、いくつかの地域ではとくに河川の改修により絶滅が心配される事態となっている。そして減ったから、といってヤリタナゴをペットショップなどで購入して放流すれば、残っていた地域的なグループが交雑し、最悪消滅してしまうおそれがある。

アクアリストの間ではタナゴ類を放流する人を「放流大好きおじさん」と呼んでいる。こういうおじさんは自分の住む地域に綺麗なタナゴがいることを望むのであるが、基本的にタナゴの類は本州~九州であればほとんどどこでもその地域に特有のタナゴが生息しているから、それを楽しめばいいのである。

タナゴ類を増やしたいのであれば魚や貝を放流するのではなく、河川の状態やその地域のタナゴ類を釣ったり、獲ったりして楽しむべきである。そして河川改修運動(タナゴ類の産卵に重要な二枚貝の死滅を招く)の反対に参加、オークション等で販売するための乱獲を非難(タナゴだけでなく二枚貝も)、コイの放流反対運動(二枚貝を捕食し、成長すればするほど吸引力がます)に参加するなどの活動をしていってほしい。そうすれば、いつまでもタナゴ類が河川で待ってくれるはずだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます