ナガテングハギモドキ | 魚のブログ

ナガテングハギモドキ

昨年2019年に最後に食べた魚がナガテングハギモドキ。名前の通り長い体が特徴的である。テングハギ属ではあるのだが、サバみたいな体をしており、遊泳性も強いのではないかと思われる。

「テングハギ」の名前はあるが、頭部に「テング」のようなものはもたず、頭部は丸い。色彩は灰色で、薄ら青みがかかる。体には黒色点があり、頭部、体側、尾鰭、背鰭にもある。腹部は一様に灰色で斑紋をもたない。

テングハギの仲間は尾柄部には2つの骨質板がある(ボウズハギの仲間のみひとつ)。クロハギのようなメスみたいなものではないが、強い武器になるだろう。尾鰭は三日月形で遊泳性が強いことがうかがえる。

ナガテングハギモドキのお刺身。ニザダイ科のお刺身はこれで4種目である。もう3種はマサカリテングハギとゴマテングハギモドキ、そしてテングハギモドキだ。角があるテングハギはなぜかまだ食べたことがないのだ。

肉の色は赤みを帯びている。マサカリテングハギよりも赤みが強い感じ。実際に食してみると、赤みが弱いマサカリテングハギよりも美味しかった。

今回の個体は神奈川県産で、長谷川大樹さんから送っていただきました。ありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます