モロ | 魚のブログ

モロ

これまでもぶろぐではアジ科ムロアジ属の魚を何度もご紹介してきたが、今回は久しぶりに新しいムロアジ属を食する機会に恵まれたのでご紹介したい。モロという種類である。

モロは富山一郎・阿部宗明の「原色動物大図鑑Ⅱ」(北隆館、昭和33年)では「もっとも普通にみられる種」としているが個人的には本当にそうなのかなーと思う。Googleの画像検索ではこのモロはなかなかお目にかかれず、同じムロアジ属のマルアジのほうがずっと多くヒットする。もちろん海も62年前と比べて変わってきているのかもしれない。ただ温暖化がすすんでいるといわれる昨今、マルアジよりも南の海に多いモロが少ないというのは疑問である。62年前とはアジの学名もかなり異なっていて、あまり分類がすすんでいなかったのかもしれない。

ただ私がモロを見たのはこれが初めてではない。およそ10年ぶりくらいである。以前に沖合底曳網漁業で獲れたのをいただいたが、今回のものは何で獲れたのかはわからない。以前獲れたモロは全長30cmを超えるビッグサイズだったと思う。当時は定置網で漁獲されていたクサヤモロやムロアジをよく見ており、一目で別の種類のムロアジ属と分かったのだ。厳密に見分けたければ、頭部の背面を見るとよいだろう。頭部背面の鱗域が眼の間隔に達しないのが特徴で、インドマルアジを除く多くのムロアジ属と見分けられる。インドマルアジとは側線直走部の稜鱗の分布により見分けることができる。インドマルアジは稜鱗が側線直走部の大部分を覆っているのに対しモロは後方にのみある。

「原色動物大図鑑Ⅱ」では刺身にはしない、とあったが刺身にすると非常に美味であった。ただし今回の個体はそれほど大きくはなかったため、4匹分まとめて刺身にしたのである。その結果それなりの量を刺身で食べることができた。6匹やってきたのだが、あとの2匹は焼いて食べた。価格は安価であるが、刺身の味は全く安っぽくない。いい魚を味わえた、と思う。石田拓治さん、印束商店さん、いつもありがとうございます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます