ヒレジロマンザイウオ | 魚のブログ

ヒレジロマンザイウオ

久しぶりにぶろぐを更新。シマガツオ科のヒレジロマンザイウオである。

見た目のシルエットはマナガツオに似ているのかもしれないが、全く関係ない。科名はシマガツオ科だが、カツオとの関係もない。マンザイウオというのも同じ科の魚だが、全く別の魚である。

ヒレジロマンザイウオは非常に大きな胸鰭を有しているが、腹鰭は非常に小さい。剣エチオピアなどではもう少し大きな腹鰭を持っているが、それでもそんなに大きなものではない。ただマグロ類だってあれほど図体がでかいのに対し腹鰭は小さい。回遊魚や中層~深いところを遊泳する魚は腹鰭もそれほど必要ないからであろうか。

筆者はシマガツオ科の魚をこれまで何種も見てきた。リュウグウノヒメ、ベンテンウオ、マルバラシマガツオ、シマガツオ、ヒメシマガツオ、ヒレジロマンザイウオ、チカメエチオピア、ツルギエチオピア。とくにこれらの魚は太平洋よりも日本海岸や長崎沿岸のものを見る機会が多く、これらの地域以外で見たのはベンテンウオとヒメシマガツオ、シマガツオくらいのものである。最近になってとくに日本海岸でこれらの魚の問い合わせが多い。

ヒレジロマンザイウオの食性は動物食性で、とくに同じように遊泳している魚を食べている。この種にちかいチカメエチオピアの胃の中からはカタクチイワシやマアジ、オキヒイラギなどが大量に出てきた。小さい、けれど強い歯でたくさんの魚を食べるのだろう。格好いい形のハンターだ。

ヒレジロマンザイウオは刺身にして食べた。なかなか脂がのり風味もよい。最高であった。旅館金龍さんありがとうございました。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます