白点病予防に水槽水かえ

白点病予防に水槽水かえ

今日は水槽の3分の1換水を行いました。塩分は1.021と設定しました。水温は24.5℃。水槽用クーラーのサーモスタット機能で温度を一定にしておきます。白点病の予防にもなります。

現在の水槽はこのような感じです。ナンヨウツバメウオは残念ながらお亡くなりになりましたが、殺菌灯の効果があったのか、白点虫もいなくなってしまいました。

酸素を増やすために、パイプを水上に出しました。塩垂れも出そうですが、これでエアーは大丈夫。右下の貝は8月からいる長生きなヤクシマダカラガイです。

もらい物のゴンベです。今でも元気。同じころ水槽に来たソラスズメダイは数がやや減りましたが、巨大化しています。

コケとり貝。産地から考えるとバテイラではなくオオコシダカガンガラという貝のようです。

ヤドカリの宿かえ用の貝殻です。ヤドカリやエビ、タカラガイなどの掃除やさんも多量に水槽に入れてみました。

テッポウエビはゴンベなど小魚を襲撃する危険があるので別水槽に隔離。本当はランドールズとか入れて共生ハゼと共生させたいですね。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます