キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ Pseudanthias squamipinnis   (Peters)

分類

キンギョハナダイはスズキ目ハタ科ハナダイ亜科に属する魚です。ハタ科にはにはマハタやクエ、タマカイなどの巨大魚が多いのですが(ハタ亜科)、ハナダイ亜科の魚は多くが10~20cm程度の小型種で、可憐です。

分布

キンギョハナダイの分布域は広域で、インド・中部太平洋、紅海のサンゴ礁域で普通に見られます。日本では関東地方近海でも見られ、採集家にも身近なハナダイといえます。

採集

キンギョハナダイは伊豆でも良く見られ、伊豆で繁殖をしているのかもしれません。ハナダイの中でも珍しく、浅瀬で見られます。そのため採集家にも採集のチャンスがあります。写真の個体は高知県柏島の防波堤にいたものです。釣りでもたまーに釣れます。

飼育

ハナダイの仲間では飼育は易しいほうです。ハナゴイと異なり、群れでなくても飼育は容易。

混泳

小さな魚は食べられてしまうことがあります。温和な性格ですが、その点は注意。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます