ロクセンスズメダイ

ロクセンスズメダイ

ロクセンスズメダイ Abudefduf sexfasciatus   (Lacep?de)

釣りで採集したロクセンスズメダイ。2006年12月11日採集。

今回は2006年7月28日に紹介したオヤビッチャによく似た種類の魚、ロクセンスズメダイです。写真の個体はちょっと大きめ(全長9cm)です。

分布

分布域は主として沖縄などの熱帯域ですが、幼魚はやはり黒潮の流れ着く関東や紀伊半島、四国などで見ることができます。ただし、本州ではオヤビッチャよりも少ないようです。

採集

幼魚は早い年では6月ごろから沿岸につながれたブイや磯の潮溜まりなどで見ることができます。このころは主に網で採集します。秋になるとやや大きくなったものが見られます。このくらいのものは小さな針で釣るのが一般的です。

飼育

飼育に関してはオヤビッチャと同じく、丈夫で病気にも強いです。餌はフレーク、顆粒餌などさまざまなものを食べます。

混泳

他の魚との同居も大概は問題ありません。オヤビッチャに比べて性格も温和なようです。でも中には気が強い個体もいるので注意したほうが良いと思います。幼魚を群れで泳がせるととてもきれいでしょう。

2006年8月に採集したロクセンスズメダイ幼魚。幼魚と成魚の色彩は変わらない。オヤビッチャとは尾鰭の黒色線の有無で見分けられる。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます