ヒュウガカサゴ

ヒュウガカサゴ

ヒュウガカサゴ Scorpaenopsis venosa   (Cuvier) Raggy scorpionfish

今日は、貴重なフサカサゴ科の魚「ヒュウガカサゴ」を紹介します。この個体は「WEB魚図鑑」で同定していただきました。ありがとうございます!

記載

この魚はすでに1829年、フランス人キュヴィエによって記載(原記載)されました。しかし日本では2000年代に初めて採集され(宮崎県)、その後産地にちなんで「ヒュウガカサゴ」の和名が与えられました。日本では宮崎のほか高知県にも生息しています。

分布

日本での分布は前述したとおりですが、海外ではインド・西部太平洋に分布するとあります。グレートバリアリーフから東アフリカまでいるようです。

形態的特徴

幼魚は眼の上に長い皮弁がありますが、成長するとなくなってしまうようです。胸鰭内側に目立つ模様はありません。成長すると全長25cmになるそうです。

生態

肉食性で、小魚やエビなどを貪欲に捕食します。サツマカサゴと同様、配合餌に慣らすのに時間がかかります。成魚はやや深い岩礁域に見られるそうです。

注意

棘に毒腺があり、刺されると痛みます。ご注意を・・・

石に化けているようす。皮弁はカモフラージュにも役立っているようだ。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます