ソコアマダイ

ソコアマダイ

このフライ・・・ではなく、片栗粉をまぶして唐揚げ風になっているのは、深海性のアカタチ科魚類ソコアマダイOwstonia totomiensis   Tanakaの切り身です。

この魚は八幡浜の昭和水産様からおくっていただいた魚です。もちろん、耳石も無事、採取することが出来ました。あまりにも大きくて、採取は難しくはありません。

味も非常によく、美味しくいただきました。しかし、以前お世話になった底曳網船の漁労長さんいわく「売れない」のだそうです。

この魚は頭でっかちで尻尾がひょろながという奇妙な姿をしています。頭はでっかいですが、キンメダイににています。姿かたちはその和名が示すように「アマダイ」によく似ています。

で、やっぱり肉は白身。切り身やフライ用など、色々と利用価値があるもののように思います。魚体も大きいですし。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます