オグロトラギス

オグロトラギス

昨日は沖縄で採集されたロクセンフエダイの話をしましたが、本日紹介するのはスズキ目・トラギス科でサンゴ礁に生息するオグロトラギスParapercis <st1:City w:st=”on”><st1:place w:st=”on”>pacifica</st1:place></st1:City> Imamura and Yoshinoです。

このオグロトラギスは2007年に新種として記載されたものです。しかし「オグロトラギス」という種自体は古くからダイヴァーやアクアリストに知られていました。この魚は島田 (2000) では P.polyophtalma (Cuvier) とされていますが、この学名はP.hexophtalma (Cuvier) の同物異名(シノニム)とされ、さらにP.hexophtalma とされたものの中には複数の未記載種がいるとされ、2007年にP.<u1:City u2:st=”on”><u1:place u2:st=”on”><st1:City w:st=”on”><st1:place w:st=”on”>pacifica</u1:place></u1:City></st1:place></st1:City> を含む3魚種が新種記載されました (Imamura and Yoshino, 2007) .

この写真の個体は雌です。本種には性的に色彩変化があり、本種では雄が体側下部に3-4の暗色目玉模様を持つのに対し、雌では6-7つの目玉模様を持つようです。また頬部に半円状、もしくはM字型の褐色斑紋をもつ (翻訳が正しければ) のに対し、雌には暗色斑紋が散らばっています。

参考文献

Imamura H. and Yoshino T. 2007Three New Species of the Genus Parapercis from the Western Pacific, with Redescription of Parapercis hexophtalma  (Perciformes; Pinguipedidae) . Bull.  Natl. Mus. Nat. Sci., Ser. A, Suppl. 1, pp. 81-100, March 22, 2007.<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

島田和彦, 2000. トラギス科. Pages 1059-1064 in 中坊徹二編. 日本産魚類検索第二版. 東海大学出版会, 東京.<o:p></o:p>

 

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます