狐顔の皇帝 キツネフエフキ

狐顔の皇帝 キツネフエフキ

この魚はフエフキダイ科のキツネフエフキLethrinus olivaceus   <st1:place w:st=”on”><st1:City w:st=”on”>Valenciennes</st1:City></st1:place>です。私も現物を見るのははじめてです。

フエフキダイ科の魚は英語でエンペラー、つまり「皇帝」と呼ばれる、精悍な?スタイルの魚です。その中でこのキツネフエフキは独特な顔つきをした魚です。口が細長く、名前のように「キツネ」とよく似ており、同属の多くの魚と区別できます。

フエフキダイ科の魚は沖縄では重要な食用魚、釣り魚です。本種の成魚は大きいもので1mにも達し、重要産業種となっているようです。分布は鹿児島県以南で、本州・四国・九州ではなかなかお目にかかれませんが、近縁種で美味なハマフエフキは千葉県あたりまで北上します。

沖縄から届いた魚はまだまだあるのですが、とりあえずここで終わらせていただきます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. sara より:

    どうも、初めまして。
    ワタクシもニュース記事を見てやってきました。
    釣りが好きなんですが、まだ1回しか行ったことがないんですが・・。
    このお魚、ドラえもんのスネ夫に似てるなぁ~と
    思ってコメしました。
    すみません、独り言です。

  2. 椎名 より:

    コメントありがとうございます。たしかに、いわれるとどことなーく似てるような気もしますね。同じフエフキダイ科ですと「アマクチビ」というのがもっとすごいのですが・・・