ハマフエフキ

ハマフエフキ

フエフキダイ科のハマフエフキLethrinus nebulosus   (Forssk?l)は魚の豊富な宇和島でもあまり市販では流通しない魚です。

理由1・・・あまり獲れない

宇和島ではフエフキダイ科の魚というものは個体数が決して多くありません。商業用として流通されるのは大きめのサイズですが、その大きめのものがこのあたりでは少ないようです。

理由2・・・美味しい

非常においしい魚ですので(甘みがある)、大きいものは、このあたりではレストランや食事処へ行くのかもしれないです。

本当においしい魚ですので、皆様、この顔にピンときたら、ぜひご賞味ください。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. Blue より:

    先日、佐伯で千三百円で売ってましたが、
    残念ながら残ってました。

    因みに、自分は沖縄によく行くので、
    結構って言うか、かなり見かける魚です。(笑)

  2. 椎名 より:

    コメントありがとうございます。佐伯ですとちょうどここと対岸ですね。ハマフエフキはこちらではこの時期に多く、本日も見かけたのですが、これまではあまり見ませんでした。全長30cm強で250~350円でした。
    沖縄の市場は、高いですね。観光客向けかな。石垣は安かったけど。