コウライマナガツオ | 魚のブログ

コウライマナガツオ

まーた最近更新していませんでした。悪い癖がまた。

鬼ヶ城連山も白銀の山になる今日この頃。市場に行っても面白いものがなにもありません(養殖物のマダイはつねにありますが・・・笑)

ということでまた山口の方からの頂き物、マナガツオ科のコウライマナガツオPampus echinogaster   (Basilewsky)です。

こちらは普通のマナガツオPampus punctatissimus   (Temminck and Schlegel)。見分け方は側線付近の波状の斑紋を見るのが容易です。

コウライマナガツオ。波状斑紋が側線にそって後方に達しない

マナガツオ。波状斑紋は後方に達します。

このほかにも、鰓耙で見分けられます。鰓耙が細いのがコウライマナガツオ、こぶ状で短いのがマナガツオ。

これらの魚は以西底曳網で多いものです。その以西底曳網漁船では大変な事故が発生してしまいました。非常に残念です。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます