スミクイウオ

スミクイウオ

この真っ黒い魚はホタルジャコ科の深海魚、スミクイウオSynagrops japonicus (D?derlein)です。
練製品に利用される程度のマイナー魚なのですが、今回京都より全長20cmくらいもある大きいのが手に入ったので、食べてみました。

スミクイウオはスズキ目ホタルジャコ科の魚で、全長20cmほどの小魚です。

中層~深層に生息し、釣りやトロールで漁獲されます。

このホタルジャコAcropoma japonicum G?ntherと同じ仲間で、練製品の原料です。しかし大きいのが手に入ったので、他の料理でも行けるんじゃ・・・と思いました。

ということでタタキです。スミクイウオは同じホタルジャコ科のアカムツやワキヤハタと異なり鱗が非常にはがれやすいので、包丁でこするだけで鱗を落とせます。で、3枚におろしたら、肉が異様に柔らかい。これはたたきだな・・・ということでこうなりました。

気になる味のほうですが、脂が良くのり、口の中に濃厚な味が広がります。ご飯がすすむというものです。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます