サケガシラ

サケガシラ

サケガシラTrachipterus ishikawae Jordan and Snyderです。この魚は以前紹介したリュウグウノツカイの近縁種です。見た目は「巨大なタチウオ」。もっとじっくり見ますと、巨大な顔、巨大な眼が特徴です。

このサケガシラは今年はかなり多いそうです。このサケガシラは近縁のテンガイハタとともに分類学的に混乱が見られます。胸鰭軟条数が多く、他に鰓耙数などでも有意な差が認められます。またテンガイハタは普通、北日本および東日本に見られるものである、とのこと。

これを焼いてみます。実はこの個体は焼く前に暫く干しておきました。新鮮なものはまずいとのことですが、乾燥させて若干水をとばし、焼いてみますと味はありませんでしたが、まずいものでもありませんでした。しかしちょっと皮目の部分が怪しい食感・・・

まあ、好んで食べるような魚ではない、ということですね。

最初のうちも興味本位から箸がすすんでいましたが、あとになると「え~ まだこんなに」状態。

まだ半身あるけど、どうしよう・・・

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます