ウォーキングバットフィッシュ

ウォーキングバットフィッシュ

下関水族館「海響館」からいただいたアンコウ目のウォーキングバットフィッシュです。

バットフィッシュを裏返したところです。バットというのは「蝙蝠」のことではありますが、裏返すとむしろ「カエル」に似ています。

本種を含むアカグツ科ニシフウリュウウオ属は大西洋・東太平洋に生息するもので、13種が知られます。本種はOgcocephalus vespertilio (Linnaeus)という種によく似ておりますが、詳細はよくわかりません。

日本にはいない属ですが、よく似た外見のワヌケフウリュウウオというものが南日本に生息しています。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます