ミナミハコフグ

ミナミハコフグ

今日もまた頂き物の魚で恐縮ではありますが、ミナミハコフグOstracion cubicus Linnaeusです。インド太平洋海域に広く分布する魚で、生物分類の祖を築いたリンネにより記載されました。

幼魚は本州南部から九州の太平洋岸に出現します。高知県では幼魚から成魚まで見られ、越冬していると思います。日本海西部では幼魚は見たことがなく、やや大きいのが刺網・定置網で漁獲されます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます