ユメタチモドキ | 魚のブログ

ユメタチモドキ

ちょっと古いネタではありますが、「ユメタチモドキ」を食する機会がありましたので、ご紹介いたします。

ユメタチモドキEvoxymetopon taeniatus  Poeyは、その名の通りタチウオ科に属する魚です。しかしタチウオと違うところ、それは立派な尾鰭をもっているということです。

この仲間には何種類かあって、そのうち「ナガユメタチモドキ」というものは2mを超えます。本種はそこまで大きくはならないですが、1.5mくらいにはなります。

このユメタチモドキはトロールで漁獲されたもので、鰭は結構ボロボロではありますが、かなり美味しいものです。

刺身:脂っこい。脂ののりがよいことでしられるトロールのタチウオよりもはるかに脂がのっています。ただ脂がのりすぎて却ってあまり多くは食べられないかもしれません。

焼き物:タチウオのように焼いてみました。体から脂が出てくるので非常によく焼けます。ただ半生のほうが美味しいかもしれません。塩を軽く振ってあげると、非常に美味なものです。

タチウオというよりは、むしろナガタチカマスに似てるかもしれません。あれも脂が強いですが、結構美味しい魚です。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. 鈴鹿 より:

    何でも食べていますね^^図鑑でしか見たことがありません。
    最近は忙しくてなかなか市場に行く機会が減りました。
    あっ!それから以前フィッシャーマンから購入したオオアオノメアラやチリメンヤッコは初歩的なミスで酸欠になり斃死してしまいました。せっかく餌付いていたのに。可愛そうな事をしてしまいました。

    WEB魚図鑑500種登録おめでとうございます☆

  2. 椎名 より:

    それは残念でしたね・・・潜ってまた捕まえないと。ユメタチモドキは東シナ海の以東や以西の網でも入るようですけど・・・少ないようです。