ガンコ

ガンコ

北の海の魚の3魚種目は、ガンコDasycottus setiger  Beanです。

ガンコも、前々回に紹介いたしました、「ヤマトコブシカジカ」同様、カサゴ目、ウラナイカジカ科に属します。ウラナイカジカ科の魚は軟らかい皮膚をもちます。本種も厳めしい見かけによらず、皮膚はぶよぶよとしています。

日本海の深海で漁獲されるのはこれと、ヤマトコブシカジカが多いです。このほかにも小型種のウラナイカジカが混ざることがあります。本種とヤマトコブシカジカの見分けるポイントは、本種では背鰭が1基であること(ヤマトコブシカジカでは2基)、後頭部に棘があること(ヤマトコブシカジカにはない)で区別できます。

軟かな体とその奇妙な姿からあまり人気はないですが、食用にできます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. 田中宏幸 より:

    名前が面白いですね。

  2. 椎名 より:

    コメントありがとうございます。頭が硬いから「頑固」?それとも岩子?由来探しも面白いでしょうね。前回のコンペイトウはもちろん金平糖、大和拳鰍かな。