タナカゲンゲ

タナカゲンゲ

日本海の深海魚といえば、特に数が多いとされるのがクサウオ類、そしてこれらゲンゲ類です。ゲンゲ類はみな体が柔らかく、細長いのですがその中でも特に大きいのがタナカゲンゲLycodes tanakae  Jordan and Thompsonです。

タナカゲンゲは大きいものでは90cmを超えます。他のゲンゲ類ではノロゲンゲが30cmほど、小型種のオオカズナギなどは15cmくらい。タナカゲンゲは日本海の深海に生息する種で、体側の斑紋が特徴的です。

水深300-500m位の場所に生息しています。カニとりなどでも獲れるようです。肉食で悪食、底生動物を中心に捕食します。

タナカゲンゲとならび大型になるのはカンテンゲンゲで、これも日本海側に生息します。ノロゲンゲなどにそっくりですが、肛門上方の鱗が丸いことで区別できます。非常に細かいので、顕微鏡で見なければ判別はできません。

タナカゲンゲは底曳網でしばしば漁獲されます。中国地方では「ばば」「ばばあ」「ばばちゃん」など愛らしい名でよばれています。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. Unknown より:

    タナカゲンゲはタナカさんという方が命名したのでしょうか??

    フィリピンでは見られない私にとってはレア魚です

  2. 椎名 より:

    学名はJordanとThompsonの中で命名されています。ただ和名の命名者はわかりませんでした。ただ田中さん(田中茂穂博士)にちなむ名であるのは確かなようです。