アミメウツボの唐揚げ(2)+@

アミメウツボの唐揚げ(2)+@

前回の続き。アミメウツボの唐揚げその2です。

前回の記事をかいたあと、酒やしょうゆなどをミックスした「たれ」の中に漬けました。

明日には唐揚げの写真をご紹介できそうです。

以下、ウツボネタが続きます。

今日は観賞魚店まで行ってきました。近くの店にはヒメウツボ、アデウツボ、などが来ていたのですがその中に「沖縄産ウツボ」というのを見かけました。安価だったので購入を試みましたが、水槽の準備ができておらず断念・・・いいサイズだっただけに、もったいない。

しかし鰭の形から考えますと、「キカイウツボ」の仲間のようでした。

今回はニチリンダテハゼ、小型水槽でイレズミハゼと同居させるオヨギイソハゼ、を購入。ということで、おしまい~

次までに水槽にウツボを入れられるように、なんとかしないといかん。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. MARI-J より:

    お味のほう、とても気になります♪

    そういえば変わったウツボを食べるという事で
    思い出したんですが伊豆諸島の青ヶ島では
    現地でカンベーメと呼ばれてる
    小型のウツボが食用にされてます。
    何ウツボか気になって調べたんですが
    結局、わからず終いです^^;

  2. 椎名 より:

    昨年の秋のやつですね。あの時はいろいろ調べたのですが、わからなかったです。何とかして調査してみたいものです。
    明日に唐揚げにしていただく予定です。

  3. MARI-J より:

    投稿覚えてたんですね^^;
    しかしMSさんでもわからないとなると
    ますます謎ですね。

    また青ヶ島に行く機会があれば
    自分で採取してみようと思ってます。
    その時はよろしければ送らせて頂きますね^^

    ちなみにカンベーメでググると
    写真は見れます。

  4. 椎名 より:

    ますます謎のカンベーメ。
    斑紋や小型であるなどの記述をみるとタカマユウツボ・・・?と期待させますが一体こいつは何者かようわかりません。

    次のオフ会は青ヶ島・・・難しいですね。