ビワマス

ビワマス

最近、湖産マスとして知られるビワマスを食べることができました。

全長50cm近くの大物です。サケ科サケ属の種で、サクラマスやサツキマスと亜種の関係にあります。

ビワマスはほかのサクラマスやサツキマスと比べて吻があまり尖りません。体側には朱色斑がありますが、この個体には出ていません。大型個体では消えるようです。この個体は残念ながら市場で購入したものですが、レイク・トローリングという釣り方でこの魚はよく狙われているようです。

この個体はアユかワカサギか何かを食べていたようです。口腔内にこれらの魚の肉が残っておりました。

湖産ということで臭みがあるかなと思いましたが、刺身にはまったく癖がありません。ハラミの部分も大変美味でした。まだ半分あります。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます