ヒシカイワリ | 魚のブログ

ヒシカイワリ

フィリピンにもアジの仲間はたくさんいます。
このヒシカイワリUlua mentalis (Cuvier)もフィリピンにすむアジ科の一般種、現地では市場にでて食用になります。

ヒシカイワリは東南アジアでは普通種ですが、日本では鹿児島で、3年ほど前に報告されたばかりという種類です。

リュウキュウヨロイアジとなかなか、よく似ていて、紛らわしいものなのですが、鰓耙数が大きく違っています。

鰓耙数は上枝が25-28、下枝が53-57(Motomura et al., 2007)と、リュウキュウヨロイアジのそれぞれ6-11、14-17を大きく上回ります。また、口も大きい感じです。

この手の魚には、ウオノエ類がいることがありますが、本種の鰓にも、ペアでついていました。

これがそのうちの1個体。日本のシマアジノエと同種でしょうか。それとも別種でしょうか。今アルコール保存中。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます

コメント

  1. ミト より:

    その「ウオノエ」?!
    先日のネズミフグ味噌鍋にして食べてたら
    鍋の中からでてきました

    なんじゃこりゃ?
    と思ったんですけど加熱したあとですから全く気にせず、、、
    ウオノエからいい出汁が出ましたかな 笑

  2. 椎名 より:

    以前ハリセンボンから巨大なウオノエが出てきましたよ。大体ウオノエがつく魚って決まってる感じですね。居心地がいいのかしら